室長ご挨拶

このエントリーをはてなブックマークに追加

k1  私たちの周りには様々な価値観があります。宗教もそうです。日本にも伝統的なものから、最近はじまったものまで、多くの宗教があります。しかし何を信じるかによって、その人の人生は良くも悪くも全く変わるのです。特に人生に悩みをもつ若い世代、人生の危機的状況におかれた人たちに近づいてきて、被害をもたらす団体が増えています。ですからどんな宗教でも大丈夫だなどと軽々しく信じないで、そこがどういうことを教え、行っている団体かを良く考える必要があるのです。

ところがその宗教に関する情報もまた、本当のことを見極めることは容易ではありません。日本イエス・キリスト教団には、長い間、異端・カルト問題にかかわってきた牧師・信徒・教会があります。この問題に関心をもち、悩んでおられる方々にとって、何らかの助けとなることを祈りつつ、情報発信をしていきます。

「人々が健全な教に耐えられなくなり、耳ざわりのよい話をしてもらおうとして、自分勝手な好みにまかせて教師たちを寄せ集め、そして、真理からは耳をそむけて、作り話の方にそれていく時が来るであろう。」(新約聖書 2テモテ4:3-4)